■酒井 智巳の書籍 the books written by Tomomi Sakai

| Home | Audio | Stock | Profile |
| power | pre | headphone | corrigenda | reference | faq | trouble |

はじめてつくる 3冊共通

My first amplifier series


・生産終了になった部品
 ニチコン MUSE FXは生産を終了したようです。メーカーの資料(小形アルミニウム電解コンデンサ)を見ると、MUSEの名称はKZにのみ残されているようです。基本的な音質の傾向は似ていますが、KZはFXよりかなりサイズが大きくなります。

 BlackGateも製造中止になったようです。同じ傾向の音質のコンデンサは見つかっていません。

 こうした部品は、お店によってはまだ在庫として持っていますので、それを探すのも手です。

はじめてつくるパワーアンプ

My first power amplifier


・128p 上の表
 3.5V → 2V

・GNDの接続の変更
 IC内部で導通があると認識していましたので電源GNDと信号GNDは接続していませんでしたが、再検査したところ導通がありませんでしたので、Step4(80p)で2番ピンに信号GNDを配線する際、8番ピンとも接続してください(参考図、裏から見たもの)。試作機はすべて動作していたので気付きませんでした。誠に申し訳ありません。また、調べるきっかけをくださった読者様に感謝申し上げます。

・電源で使用するダイオード
 KBL02は生産終了しましたが、まだ秋月電子などで手に入ります。ただし、安価で丈夫(本で作る電源の規模では壊れにくく、また実際に使用する電流から見て放熱の必要性も少ない)というのが選定の理由ですので、この部品にこだわる必要はありません。

・電源に関する注意事項
 153pは作図の都合上プラス側の足が短く描かれていますが、コンデンサに描かれている極性表示通り左側がプラスで右側がマイナスです。単電源(プラスだけの電源)ですので、プラス側だけをたどっていくとすべての部品はプラスが繋がっています。また、マイナス側だけをたどっていくとすべてマイナス(あるいはグラウンド)になっています。

はじめてつくるプリアンプ

My first preamplifier


・10p
 生禄 → 生録

はじめてつくるヘッドフォンアンプ

My first headphone amplifier


・19p 部品表
 「DALE CMF-55 5Ω(電流制限用抵抗と記載されているもの)」は入手困難になりました。「DALE CMF-55 10Ω」が替わりに使えます。その場合、86pの「5Ω」も「10Ω」に読み替えてください(2本を合成して5Ωにするのではなく10Ωを使います)。また、既に海神無線で「シンコー TAF 5Ω」を替わりに購入された方は、立てれば取り付けることが可能です。
 他には、例えば千石電商で販売されている金属被膜抵抗器「KOA 1/4W 5.1Ω」も大体同じ大きさですので、本の通りに組み立てることが可能です(音質は異なります)。

 OSコンは耐圧が16V以上で、サイズが近ければ(図の通りに作るため)なら大丈夫です。16V/10μFがお勧めです。25Vを使用した理由は試作時に入手できたのがそれだけだったからです。
Valid HTML 4.01! Valid CSS!
This file was updated on Thursday, 16-Jul-2009 22:21:27 JST.